中学公民の要点・ポイント(訪日外国人)

ニュースに出る中学公民の要点・ポイント(訪日外国人)

2018年の訪日外国人数が3119万人だったと石井啓一国土交通相が1月11日に発表しました。年間の訪日外国人数が3000万人を超えたのは初めて。

 

単純に365日で割ると、1日あたり8.5万人の外国人が来日したことになります。
今回はこのニュースについて中学公民でのポイント・要点をまとめてみます。

 

訪日外国人は、ここ数年で急増している

年間訪日外国人数と出国日本人数の推移をグラフにしてみました。
訪日外国人が年間で初めて100万人を超えた1977年から2017年までを対象としています。

 

訪日外国人数推移
(データ出所:日本政府観光局「年別 訪日外客数、出国日本人数の推移」)

 

グラフで水色の部分が訪日外国人数です。
ここ数年で急増していることがわかりますよね。

  • 2013年に1000万人を突破
  • 2015年に出国日本人数を上回る
  • 2016年に2000万人を突破

で、今回、2018年に300万人を突破したというニュースになったわけです。

 

アジアからの観光客が多い

日本に来る外国人の目的は観光がメインです。
では、観光客として日本に来ているのはどの国の人が多いのでしょうか。

 

確定している2017年のデータを用いてグラフにしてみました。

 

訪日外国人数推移
(データ出所:日本政府観光局「国籍/目的別 訪日外客数」)

 

韓国中国台湾香港アジアからが多いのがポイントです。
外国人観光客というとアメリカ人を想像するかもしれませんが、割合は4%に過ぎません。

 

観光以外の目的で来日している外国人は?

外国人が日本に来る目的は観光だけではありません。
仕事や留学、研修目的で日本に来ている人もいます。

 

こうした観光目的以外で日本に来る人が多い国はどこでしょうか?
訪日外国人の国籍別目的別割合を表にしてみました(2017年分)。

 

国籍観光目的商用目的その他
韓国92.3%5.1%2.5%
中国87.7%5.0%7.4%
ベトナム34.7%10.8%54.5%
インド39.6%38.2%22.2%
アメリカ79.1%15.9%5.1%

(データ出所:日本政府観光局「国籍/目的別 訪日外客数」)

  • 商用目的…仕事で来日している人
  • その他…留学、研修など観光、商用以外で来日している人

 

ベトナム、インド国籍の人の訪日目的に着目

国籍によって日本に来る目的が違うことがわかると思います。

 

観光目的の割合が多いのが一般的なので、そうでないベトナム留学研修などのその他目的が多い)やインド商用目的が多い)を覚えておくのがポイントです。

比べてみたい中学生向き勉強法